ベトナムのWiFi事情とSIMカード〜SIMはどこのキャリアを使ったらいいの?~

2018.12.07 2018.12.14OTHERS
ベトナムのWiFi事情とSIMカード〜SIMはどこのキャリアを使ったらいいの?~

こんにちは、Lizです!   今回はベトナムのWiFi事情についてお話ししていきたいと思います。  

ベトナムの都市部ではWiFiの普及が著しく、カフェやレストラン、ショッピングモール、携帯ショップでも無料のWiFiが必ずと言っていいほどあります。

そのため、海外ノマドに優しい国と言われているベトナム。 

 

ですが、ビルによっては停電が起きることもしばしばです。

実はこれ、海底ケーブルの切断事故によるもの。

結構頻繁に起こるので、ベトナム人の間では「サメが海底ケーブルを噛んでいる」と言われています。

なんだかちょっと微笑ましい気持ちになりますね。  

 

WiFiがそこかしこにあるとはいえ、ベトナムが初めてだとWiFiのない場所で迷子になったり、誰かと待ち合わせするときに連絡が取れなかったり、ネット環境がないと不安ですよね。

そこでベトナムに滞在の際は、SIMカードの購入かWiFiレンタルをしておくと安心して旅行ができます。

 

ベトナムではSIMカードでの通信料が激安?!おすすめのSIMカード

お手持ちの携帯がSIMフリーのものだったら、断然現地でSIMを買うのがおすすめです。

 

ベトナムでのSIMカードは、プリペイド式が主流です。

電話・SMS代、インターネット代を使う分だけチャージし、なくなったらまたチャージする。

チャージの料金も安い金額から選択できるというころも魅力です。

無駄が少なくていいですよね!

 

ただし海外はどこでもそうですが、空港で売っているSIMカードには注意が必要です。

Vietnamobileをはじめとしたマイナーな通信会社は通信料金をチャージするお店が少なく、使い勝手が悪いのであまりおすすめしません。

 

もしベトナムに滞在するのであれば、ベトナム人からの信頼も厚いベトナム三大キャリア会社のSIMカードを使うのが無難です。

Mobifone(モビフォン)

ベトナム人の間でキャリア会社といったらMobifoneという程支持されています。

インターネットは月単位のパッケージになっており、70.000VND(約350円)からのプランがありますね。他のプランもこのページから確認できます。

電話とSMSの料金はインターネットとは大体別になっています。

こちらもミニマムで70.000VND(約350円)から、マックスで1.500.000VND(約8500円)までチャージすることができますね。このページから確認ができます。

Vinaphone(ビナフォン)

Vinaphoneはベトナムでは業界2番手。

使えるエリアと通信の速さが特徴です。

 

Viettel(ビッテル)

私が使っているのはVittelです。

私はVittelのMiMax70というプランがあり、インターネットが3GB使えて70.000VND(約350円)。ぶっちゃけこれで1ヶ月使うぶんとしては十分です。

他にもプランがあるので、公式サイトをチェックしてみてください。

ベトナムのSIMカードを買える場所5つ。チャージはどこでできる?

ではSIMカードはどこで買えるのか。

1つの方法としては現地のSIMカードをネットショッピングで買うということ。

ベトナムに来る前の段階でSIMを手に入れられるので安心できます。

 

一方、「もう出発しちゃった!」「(何らかの理由で)ネットショッピングは利用できない!」という方のために、ベトナムでSIMカードが買える場所を4つ紹介します。

 

空港

空港にも到着ゲートをでると色々なSIMが売っています。

ただし先に述べた三大キャリア以外のSIMも置いてあるので、注意が必要です。

vietnamobileなどのマイナーキャリアだと、SIMカードを買った後追加でチャージしたくなった時にチャージできる場所が限られてしまいます。

アオザイを着た客引きのベトナム女子たちが「SIMカー!SIMカー!」とこちらの注意を引いてきますが、テナントで入っている三大キャリアのSIMを買うのが無難です。

 

携帯ショップ

私はホーチミン市に住んでいますが、店舗が多く歩いているとすぐに見つかりますよ。

その中でも街中でアクセスしやすく、入りやすいのがthegioididongとFPTです。

 

thegioididongは黄色と黒の建物で、歩いている人のロゴマークが目印です。

このお店はサービスも良く店員さんが英語を話せる人が多いので、安心して手続きができます。

FPTは、青・オレンジ・緑のロゴが目印でちょっと雑多なショップです。

 

SMSや電話のチャージの場合、店員さんに「コール・SMS、チャージ(トップアップ)」と伝えると値段を聞かれるので、値段を言いましょう。

インターネットのチャージの場合も「インターネット、チャージ(トップアップ)」というと通じます。

その後は店員さんが携帯で設定をしてくれます。

 

通信会社

MobifoneやVinaphone、Vittelのようなキャリア会社に直接いってチャージしてもらいます。

 

こちらの店員さんも英語が話せる人が多いので安心です。

携帯ショップと同様に、SMSや電話のチャージの場合は店員さんに「コール・SMS、チャージ(トップアップ)」、インターネットのチャージの場合は「インターネット、チャージ(トップアップ)」というと通じます。

その後は店員さんが携帯で設定をしてくれます。

 

屋台

実は屋台でもSIMカードのチャージができます。

屋台に扱っている通信会社の看板が掲げられているので、自分の使っているキャリアがあるかどうか確認します。

 

シリアルナンバーが書いてあるカードを受け取り、それを自分で携帯に入力することになるので、やや上級者向けかもしれません。

 

カードにあるスクラッチ部分をコインなどで削るとシリアルナンバーが出てきますね。

*100*(シリアルナンバー)#」に電話をかけるとチャージが完了し、メッセージと残高が表示されるようになっています。

101#に電話をかけるとSIMの残高がわかります。

初めての方は屋台の人に聞いたり、ベトナム人の友達や現地生活が長い人と一緒にやってみてくださいね。

 

まとめ

「無料WiFiが繋がりにくい!」

「友達や家族と別行動して後で合流したいな」

 

そんな時にベトナムでの滞在を快適にしてくれるSIMカード。

手に入れて置いて損はないと思います。

 

三大キャリアをしっかり抑えて、いいベトナムライフを!

Liz

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です