盗難を未然に防ぐ! ベトナムでスリやひったくりされないようにするべきこと

2018.12.06 2018.12.14OTHERS
盗難を未然に防ぐ! ベトナムでスリやひったくりされないようにするべきこと

こんにちは、Lizです!

このブログでiPhone Xの盗難事件と盗難届(ポリスレポート)を出してもらうまでの長い長いベトナム現地警察との戦いを書きました。

ついに盗難届を手にした私は書類を提出するため日本に一時帰国することに。

無事日本で書類を提出し、2ヶ月後に保険金をいただくことができました… 実質損したのは4万円くらいですが、この事件は確実に私の心に深い爪痕を残しました。

思い出して書くのも正直しんどかったです。

自分の青さや無知さ、やり取りの不毛さや理不尽さも一緒に思い出しました。

ですが、自戒としての効果はかなりありますね!

なのでこれからは、絶対にスリやひったくりに遭ってやるもんか!という気持ちを新たにしました。

 

今回盗難事件が起こってしまったのは仕方ないですが、この経験から得られた教訓として「盗難に対して事前に対策をとって予防する」ということです。

事件に遭った後、ああしておけばよかった、こうしておけばよかったという後悔が後をたたないので、 どうすれば事件に遭わないか、そのために気をつけることを上げていきたいと思います。

気持ちを引き締めるのも大事ですが、物理的な対策もとって行きたいと思います。  

 

未然に防ぐ!携帯の盗難に遭わないための行動

海外での盗難にあわないためには自分の行動を常に注意したほうがいいです。

ベトナムでは、特に以下の行動に気をつけたほうがいいと思います。  

道の端っこに寄らない

ベトナムでの盗難・スリはほぼバイクでの犯行です。

道のすぐそばにいるとバイクから手を伸ばせば持ち物盗られるリスクが高まるので、できるだけ離れるように気をつけます。  

周りをよく見て、警戒する

海外に慣れてきた頃は気が緩んで、気を引き締めて歩くことをつい忘れてしまいがちです。

ベトナムでは、朝や夕方の渋滞時に歩道に乗り出してくるバイクもいるので周りに十分注意しましょう。

常に前方と後方、左右を目で見て確認することが盗難を防ぐ鍵になります。  

道端では携帯電話を使わない

歩きスマホはもってのほか。

携帯を手に持って歩くことは禁物です。

 

ベトナムなどの東南アジアではタクシーを携帯で呼べる配車アプリのGrabなどがあり、待っている間はアプリの画面を確認したくなります。

もしアプリでタクシーを呼ぶ場合は室内で呼び、タクシーが到着するまで外に出ないほうがいいですね。

ベトナム現地の人で室外用・室内用の携帯電話を分けている人もいるそうですが、もし余裕がある人はこの案もいいかもしれませんね。  

ウエストポーチは後ろに持たない

海外で外出する際、一番おすすめのカバンはウエストポーチです。

ポイントは前に持つこと。

リュックサックでもいいですが、犯人が後ろから盗んだりナイフで切られて中身を持って行かれてしまうこともあるかもしれないので、リュックサックも注意が必要ですね。

 

もしも盗難にあってしまった時に大切なデータだけは守るための対策

盗難には絶対遭いたくないですが、どれだけ気をつけていても犯人はプロです。

盗られるときは盗られてしまうかもしれません。

もし万が一、盗られたときに心配なのは中のデータ。

個人情報は悪用されないか不安だし、思い出の写真やLINEの履歴はなくなったら悲しすぎます。

携帯の本体は盗られても、絶対中身の情報は盗られないように以下の対策をしておきましょう。

 

「iPhoneを探す」をオンにする

iPhoneの人は「iPhoneを探す」をオンにしておきましょう。

この機能をオンにしていれば、もし紛失した時にはGPS機能でiPhoneのありかを探知することができます。

盗難された場合は遠隔操作でiPhoneをロックしメッセージを表示させたり、初期化することができたりします。

ただし、以下の場合のみ有効です。  

  1. 紛失した iPhone、iPad に「iPhone(iPad)を探す」設定がされていること

  2. 紛失した iPhone、iPad が3G/4G LTE/Wi-Fiのいずれかに接続されている状態であること

  3. 紛失した iPhone、iPad の位置情報サービスが「オン」であること

 

私みたいにロック解除中(使用中)にiPhoneをひったくられてしまうと、犯人にいとも簡単に「iPhoneを探す」を無効化されてしまいますのでご注意を。

 

こまめにデータのバックアップをとっておく

写真やLINEの履歴が盗難されたことによってなくなってしまったらショックですよね。

データのバックアップは日々おろそかになってしまいがちですが、最低でも1ヶ月に一度、できれば1ヶ月に二回しておくことをお勧めします。  

まとめ

以上、盗難にあわないための行動&盗難に遭ってしまった時に大切なデータだけは守るための対策でした。

盗難や紛失を経験するのは絶対いやですが、もし遭ってしまったらのことを考えて対策を打ち、行動するのは重要です。

皆さんもベトナムに来る際は、身の回りに注意して楽しい滞在にしてくださいね。

Liz

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です