ベトナムの警察で盗難届(ポリスレポート)を発行しようとしたら、すごくめんどくさかった

2018.12.03 2018.12.14OTHERS
ベトナムの警察で盗難届(ポリスレポート)を発行しようとしたら、すごくめんどくさかった

こんにちは、Lizです!

来越7ヶ月目でとうとうiPhone Xの盗難にあってしまったわけですが、そのあと絶対やっておきたいことの1つに現地の警察の盗難届(ポリスレポート)を発行してもらうということがあります!

これは、海外保険に加入している人やクレジットカード自動付帯の海外保険がある人が保険会社に保険金を請求するときに必ず必須となりますので必ずゲットしてくださいね!

 

盗難届(ポリスレポート)発行には、現地の警察の協力が必要不可欠です。

ベトナムの警察の仕事は結構ずさんですし、気分で動いているところもあると思います。

私はホーチミン・10区の警察に四回も通ってやっと盗難届(ポリスレポート)を発行できました。

盗難にあってしまった皆さんの参考になるように、私の経験をシェアしていきますね。

 

盗難にあったスーパーの近くにあるマクドナルドで友達に連絡し、サッカーを楽しんでいたのに途中で抜け出してバイクで駆けつけてくれた友達と一緒に家に帰ろうとしたとき、 友達「警察に届けたほうがいい」

わたし「うん、ポリスレポートが欲しい。でももう夜遅いから、明日でもいいよ」

このときもう時刻は21:00くらいをまわっていました。

友達「早いほうがいいよ。警察に行ってみよう」

ということで、スーパーの近くの交番に駆け込みました。

ですが、その交番は私が盗難された場所(SATRA MART)の管轄ではなかったらしく追い返されてしまいました。

あっちの交番に行け、と言われたのでそれに従って言われた交番に行くことに。

交番の中には肩に星スタッズが四つついた夜勤の警察官が一人いました。

肩についている星のスタッズみたいなものは、肩章と呼ばれていてその警察官の地位を表しているそうです。

星四つは結構上の位の人で、その交番の責任者のようでした。

ここからはこの警察官との戦いになります。

戦いといってもこの警察官自体しっかりしていて穏やかですごく優しい語り口なのですが、いかんせん「街の安全を守る」というような警察官が持ち合わせていて欲しい責任感よりも「事なかれ主義」的な考えが強いような…

詳しくは後ほど述べますが、この警察官を説得させるのがかなり大変でした。

 

交番で椅子に座らされた私たちは、まず事情を聞かれました。

友達がベトナム語で説明してくれました。

友達「近くのSATRA MARTの前で、iPhoneをひったくられました。盗難届を発行して欲しいです。」

警察官「彼女、外国人?」

友達「日本人です。」

警察官「へぇ〜、日本人なんだ。ベトナム語喋れるの?」

友達「今ベトナム語を勉強しています。」

 

こんな感じの会話で、その場が和やかになったところで一枚の白い紙を渡されます。

警察官「これ書いてね。ベトナム語で。書ける?」

私「ベトナム語書けないです。」

警察官「じゃ、お友達翻訳しといてね。」

という感じで私が日本語で盗難届を書き終わって、友達がベトナム語に翻訳しようとしたとき重大なことが発覚。

警察官「いつひったくられたの?」

友達「夜8時前くらいですね。」

警察官「夜8時前くらいか〜。もう2時間近く経っているね。犯行から10〜15分後くらいだったら防犯カメラを確認することもできるけど、今から確認するのは無理だよ。」

警察官「目撃者とかいないの?」

私「近くにGrabの運転手はいました。」

警察官「その運転手の名前わかる?」

私「わからないです…」

警察官「証拠ないから捜査はできないね。捜査ができないから、盗難なのか紛失なのかもはっきり断定できないし…。断定できないので、盗難届(ポリスレポート)にハンコは押せません。書いたやつ、置いていってね。」

私「盗難届(ポリスレポート)を日本の保険会社に送りたいんですけど、持っていっちゃダメですか?」

警察官「それ、ここに置いていってください。」

私 (ええ…日本語で全部書いたのに…!)

そこから、「証拠がなく盗難かどうか断定できないから、盗難届は出せない。」の一点張り。

普通に考えてこの警察官のいうことはごもっともですが、本当に携帯を盗難されて保険金がないとショックすぎて精神的に死ぬと思われる私はめちゃくちゃ沈みました。

そして、その日はおとなしく家に帰ったのでした。

家に帰ってからはインターネットでベトナムで盗難届を出してもらうコツや体験談などの情報を読み漁り、絶対に明日リベンジしてやる!と心に誓ったのでした。

次回は、警察2~3回目の訪問について書きます。

Liz

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です