ホーチミンのショッピングを120%楽しめるお買い物スポット4選

2018.12.09 OTHERS
ホーチミンのショッピングを120%楽しめるお買い物スポット4選

乙女心をくすぐられるようなプラカゴや籐で編まれたカゴバッグなどの雑貨。

手書きの模様がなんとも言えない味を醸し出しているバッチャン焼きなどの陶器。

ライスペーパーやヌックマムなどの美味しくてヘルシーなベトナム料理の材料。

生産国世界第2位を誇るコーヒー豆とコーヒーグッズ。

安くて質のいいベトナム国産のローカルブランドの洋服。

 

ホーチミンには女子がココロオドル必見のショッピングの楽しみが盛りだくさんです。

そこで、ホーチミンでのお買い物を120%楽しめるようなショッピングスポットをご紹介いたします。

 

地元の人のリアルな生活が垣間見えるスーパー

バラマキ土産を買うときに絶対マストなスーパー。

ローカルなスーパーってわくわくしますよね。

地元の人の生活を垣間見て想像することができるので私は大好きです。

 

ベトナムのスーパーは、食料品のほとんどのものがここで揃うといってもおかしくないような品揃え。

ベトナムコーヒーやライスペーパー、ベトナムの伝統菓子、バラマキに丁度いいインスタントラーメンなどはここで買いましょう。

 

嬉しいのはFIXED PRICE

値段が決まっていてその値段も廉価だと安心して買えますよね。

なので、お菓子など大量買いしたいものはスーパーで買うのが賢い方法。

まとめ買いをすると荷物になるので滞在先に近いスーパーで1日の最後に大量買いするのがおすすめです。

おすすめスーパー

SATRA MART

CoopMart

VinMart

 

ぼったくりに注意!熱気あふれる市場

ベトナムならではの熱気を味わいたいという人には市馬に行くのがダントツのおすすめ。

「オネーサン、ヤスイヨ!」

と巧みに日本語を操る売り子さんとの会話を楽しみながら、自分だけの宝探しをしてください。

でも市場の中は本当に熱気がこもっていてすごく暑いんです。そこはまるで蒸し風呂。水分は絶対必要。nuoc mia などのベトナム特産ジュースを飲みながら歩きましょう。

市場の中は通路が狭いのでひったくりやスリには要注意。バッグは体の前に持つことをお勧めします。

しかし、最初はマーケットプライスより高い値段を提示されることがしばしば。

ベトナムの人はかなり商売魂がたくましいんです。

適正価格かそれよりも安く買うには、根気が必要ですね。

ぼったくられないためには、粘って値切りましょう。

おすすめ市場

ベンタイン市場

アンドン市場

タンディン市場

 

日中の暑さを避けられる!涼しくて快適なショッピングモール

ベトナムの若者のデートスポットとしても人気のショッピングモール。

冷房がキンキンに効いているのが南国のショッピングモールらしいところ。

日中の猛暑を避けるために、もってこいですね。

寒すぎると買い物に集中できないので、はおりものを持っていくと安心です。

モールは涼しくて汗もかかないし快適なのですが、ベトナム国産のブランドが少ないところがちょっと残念。

 

H&MZARAなどユニバーサルな見慣れたブランドから韓国系のショップなど外資系のテナントはたくさんあって安心する反面、ローカルブランドがほとんどないのは少し寂しい。路面店よりモールのレンタル代の方が安いはずなんですがね。

そんな私のモールの楽しみ方は、レストラン・カフェ街散策。ここなら、ベトナムらしいものがたくさんあります。

冷房のきいたところで食べるベトナム料理は格別です。

 

そして、大型モールには必ずといっていいいほど映画館があるので、歩き疲れたら映画を見るというのもいいかもしれませんね。

映画は一人100.000VND(約500円)ほど。

英語が得意な方は、ぜひ観にいってみてください。

滞在中に運よく日本の作品が公開されていたらかなりラッキー!

ベトナムの映画館は日本より早めに公開(日本の作品以外)される映画が多いので、一足先に海外で話題の映画を見れちゃうかも?!

ベトナムの映画上映は公開から公開終了まで足が早いので、スケジュールのチェックも怠りなく!

おすすめ大型ショッピングモール

ビンコムセンター

クレッセントモール

ロッテマート

 

これこそベトナムの最先端?!ローカルブランドストリート

ベトナムにはおしゃれな雑貨屋やアパレル店が軒を連ねる有名な通りがいくつかあります。

ローカルブランドは廉価・高品質・デザイン性の高さで私のイチオシです!

 

特にベトナムのローカルブランドのデザインは、中国やフランスの影響を受けているものが多く見られ、日本ではあまりお目にかかれないようなものが多いです。

近隣諸国で同じくフランスの植民地だったカンボジアなどと比べてもベトナムは独特なものが多いです。

ベトナム語のタイポグラフィひとつとってもちょっとレトロな感じがなんとも言えなくてすごく可愛いんですよね~。

プロパガンダアートをモチーフにした雑貨やARMYな色遣いは必見です。

 

お洋服も本当に多種多様で、いろいろなスタイル・テイストが揃っています。ベトナム語が書かれたTシャツや、現代風にアレンジされたベトナムの伝統衣装・アオザイなどベトナムらしさ満載でお土産にも最適ですね。

日本に帰っても普段着として着れるような洋服もたくさん発掘できます。

 

私は海外でその土地にしかないローカルブランドを探すのが大好きなんですが、今まで行った中で一番探し甲斐があるのではないかと思っています。

ベトナムは同じアジア圏なので日本人が親しみやすいデザインで体格も似ているということが大きいと思います。

他の地域で「これ可愛い!」と思ってもサイズが合わなかったり、「可愛いけど私は着れない」ってなってしまうことも多いと思うので。

おすすめローカルブランドストリート(ホーチミン)

Nguyen Trai通り

Vo Van Tan通り

Liz

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です