2区のリトルトーキョー「Oishi Japanese Town」の中にあるブティック「kaia」

2018.12.18 2018.12.28LOCAL BRAND
2区のリトルトーキョー「Oishi Japanese Town」の中にあるブティック「kaia」

こんにちは、Lizです!

 

今日はベトナム・ホーチミンの注目エリア2区のThao Dienのお店をご紹介。

ホーチミンの2区といえば最近話題になっている地図。

欧米出身の在住者が多く(もちろん日本人や韓国人なども多い)、フレンチヴィラなどおしゃれな建築様式を用いた建物が立ち並びます。

東洋のパリと呼ばれるベトナムですが、ここ2区に来ればその所以がちょっと分かる気もします。

そんな2区に2018年7月1日に新しくオープンした複合施設「Oishi Japanese Town」。

ホーチミンにある日本人街といえば1区の中心部にあるレタントン(Le Thanh Ton)通りが有名ですが、これは2区にもリトルトーキョーができる予感。

今回紹介するのは、「Oishi Japanese Town」の中にあるサイゴン(ホーチミン)生まれのオーガニック系ブティックです。

 

2区タオディエン地区にある複合施設「Oishi Japanese Town」って?

「Oishi Japanese Town」は、2区の中でも数多くのおしゃれなレストランが立ち並ぶエリアであるThao Dien(タオディエン)地区にあります。

この地区には、おしゃれなアイテムであふれていて日本のガイドブックにも取り上げられているカフェ「KOKOiS」やサイゴン発のシンプルでおしゃれな食器「amai」の販売店があります。

 

住所と地図を貼っておきますね。

住所:28 Đường Thảo Điền, Thảo Điền, Quận 2, Hồ Chí Minh

地図:

 

「Oishi Japanese Town」は日本のお祭りをモチーフにしたような外観で入り口には提灯がぶら下がっています。

ラーメン屋さんなどたくさんのテナントはありますが、いかんせんお昼なのでお客さんは少ない感じ。

夜になったらお客さんが多くいるのかな….?

 

そんな中私がオススメしたいのはこちらのお洋服屋さん♪

「kaia」というホーチミン発のお洋服のブランドです。

 

女子のベトナムの楽しみ方といえば1つはお買い物。

カラフルなプラかごや籐で編まれたかごバッグなどが狙い目でしょうか?

 

一方でベトナムで洋服というと…

原色やわけのわからない柄のパジャマみたいな上下お揃いの洋服。

ベトナムの街を歩くとそんな洋服を着ている人を見かけます。

そんなイメージから「ベトナムの服ってダサい!」って思っている人。

結構いると思います。

確かにダサい洋服も山ほどありますが、探せば結構日本人好みのものと出会えたりします。

この「kaia」もそんなブランドの1つ。

 

なぜオススメしたいかというと、この2つに尽きる!

  • かつてベトナムを統治していたフランスの影響なのかシンプルでおしゃれなデザイン。
  • そして繊維産業大国であるベトナムだからこそ実現できるいいものだけどリーズナブルな価格。

 

まずお店の外からものぞいていたこちらのワンピース。

えりが特徴的ですが、他に奇抜さはなく「あまり派手なものはきたくない!」という方にもぴったりなのでは?

薄い生地なので夏のあつい時期などにもぴったり。

ウエストにゴムが付いているのできやすそう。

頭に巻くドット柄のバンダナがコーディネートされているのも可愛い。

お次はノースリーブのワンピース。

黒がベースですが、ふちは深い緑色になっているので、ちょっと普通とは違うデザイン。

だけど緑色がさりげないのでトライしやすい!

取り外しできるベルトもついているので、2通りの着方ができるのも嬉しい。

他にもオリジナルのお洋服がたくさん。

シャツタイプのチュニックやボックスタイプのワンピースなど、ちょっと控えめの色味が多めなので本当に長く着れそうなものばかり。

どれも素材が上質で肌触りも良さそう。

南国生まれなので、本当に通気性がいいのもポイントです。

柄物や色ものもありますが、そんなに派手になり過ぎないので飽きがこなさそう。

チェックやストライプの柄物も可愛くなり過ぎない大人顔。

 

そして、「kaia」には男性用の洋服もありました!

デートや家族と一緒にお買い物の時こういうおしゃれな洋服屋さんに行くと「彼氏や旦那さんに申し訳ない!」という気持ちになりますよね。

男性物があればそういうシチュエーションも回避できそう。

男性用のストローハットは1つあったら機能性もおしゃれもバッチリです。

 

そして私が一番このお店の中で可愛い!と思ったのが革靴!

男性用のものと女性用のものがあります。

男性用の革靴は紐付きの編み上げぐつで、黒ならお仕事に茶色なら休日のカジュアルなコーディネートの外しに使えそう。

女性ようなサンダルとカンフーシューズがあり。

ローヒールのものは砂嵐吹きすさぶホーチミンでは絶対履きたくないなと思いました。

ですが真ん中のカンフーシューズのような形状の黒いペタンコシューズ。

BEAMSに売られていた革のカンフーシューズに似ています。

女性用のものは一万円ほど出せば買える値段だったので、お得かも?

革製の型押しポシェット。

ヴィンテージ感が出ていて可愛い。

 

入り口付近にはマグカップや花瓶などのアイテムも売られていました。

あんまりベトナムっぽくはない…

まとめ

2区にある注目スポット「Oishi Japanese Town」にあるオーガニックブランド「kaia」。

良質な素材の洋服を安く求めている方にオススメです。

ベトナム土産の新定番。

ホーチミン旅行のお土産にサイゴン発ファッションブランドのお洋服なんて手もあると思います。

 

ぜひ2区に観光の際は、お立ち寄りをオススメします!

2区以外にも1区とフーニャン区にも店舗があるそうです。

下の店舗情報をチェックしてみてくださいね。

店舗情報

kaia born in Sai Gon

住所/

• Floor 1, 89 dong-khoi, ben-nghe, distric-1, sai-gon

• Block 2 – Oishi Town 28 thao-dien ,district- 2, sai-gon

• 45/2 hoang-dieu, phu-nhuan, sai-gon 

 

営業時間/

10am – 7pm 

 

電話番号/

0974959944

FBページ/

https://www.facebook.com/kaiasaigon/

 

公式ページ/

なし

Liz

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です